緊急避妊ピルについて

現在日本で販売されている経口避妊薬(けいこうひにんやく)はピルと呼ばれています。含有内容は女性ホルモンピルです。一般的にピルといえば避妊を目的として毎日服用する経口避妊薬を示しますが、これとは別に緊急避妊ピルと呼ばれるピルがあります。連日服用するピルには 100%近い避妊効果がありますが、かたや、緊急避妊ピルは100%の避妊効果はありません。今回は後者、緊急避妊ピルについてちょっとお話をします。

通常緊急避妊ピルは、避妊措置を取らなかった、コンドームが破損した、レイプ性的暴行にあった、妊娠は避けたい。そういった際に服用する緊急避妊薬です。
「性交後避妊薬」「モーニングアフターピル」と呼ばれています。服用方法ですが、わが国では Yuzpe(ヤッペ)法と言われる方法がとられてきました。ノルゲストレル(0.5mg)エチニルエストラジオール(0.05mg)含有した合剤(プラノバール)を性交後72時間以内に2錠、その12時間後に2錠服用する方法です。
最近(2011年5月より)ではノルレボ(1.5mg)錠が日本ではじめて承認され、緊急避妊薬として普及しつつあります。ノルレボは性交後72時間以内に1錠服用するだけでよく、Yazpe法よりコンプライアンスが高く、嘔吐の副作用発現が低いとされています。ただYazpe法による薬物より高価です。

これら緊急避妊ピルの作用機序としては、服用後の5日間~7日間以上の排卵を阻害する効果によるとされています。すなわち、理論上その期間に女性性器内に進入した全ての精子が受精能を失い、受精卵はできず、妊娠が成立しないことになります。
しかし、緊急避妊ピルの実際の服用にあたっては 100%の避妊効果は期待できず、避妊に失敗する可能性も50回に1回程度あることを認識しておく必要があります。
スポンサーサイト
プロフィール

北山産婦人科クリニック

Author:北山産婦人科クリニック
和歌山県紀の川市の分娩可能な産婦人科、北山産婦人科クリニックです。里帰り出産、妊婦健診、産後健診なども行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム